パターン使用および制作に関する基本契約約款

パターン制作料金および使用料金について

【1.】パターン制作料金および使用料金は、双方の合意によって決定します。

【2.】パターンを非独占的に使用される(他社様も使用可能)場合は「使用料」、貴社オリジナルで制作し独占的に使用される場合は、「制作費+独占的使用料」が発生します。
・非独占的に使用される場合、他社様との契約内容によっては契約できかねる場合がございます。
・独占的に使用される場合も、Pavish Patternおよびイラスト・デザインスタジオchiloriのポートフォリオへの掲載(WEBサイト、SNSを含む)は例外とさせていただきます。

【3.】使用料および独占的使用料は「(※1) 1アイテムへの展開につきいくら」という方式(例えば、カップのみに使用される場合は1アイテム、カップとクッションに使用される場合は2アイテムになります。)、もしくは、「ロイヤリティ方式(生産数×販売額×何%または、販売数×販売額×何%)」で契約期間を定めてお支払いいただきます。
どちらの方式を採用するかは、双方の合意によって決定します。

(※1)他のアイテムに使用する場合は、二次使用料として、1アイテムにつき使用料の20%~50%をお支払いいただきます。その場合は、必ず事前に使用許諾を取っていただく必要がございます。

貴社オリジナルで制作したパターンをたくさん流用される可能性がある場合は、その業種でのご利用に限り(広告の場合はその商品やイベント、キャンペーンに限り)、(※2) パターン使い放題で使用期間を決めて「1年いくら」「5年いくら」という形でご契約することも可能です。
期限が切れると改めてご契約する形になりますが、使用料は徐々に下がっていって翌年以降は半額、10年以降は4分の1程度になります。

(※2) 追加料金は発生しませんが、事前に使用許諾を取っていただく必要がございます。

【4.】バッティング拘束(依頼者が制作者に対し同業種・同種商品に関する制作を禁止すること、または制作時間を一定期間独占すること)がある場合は、別途拘束料が発生します。
金額は双方協議のうえ、決定します。

著作権の取り扱いについて

【1.】パターンの著作権譲渡は原則行っておりません。
また、制作物の著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)は、制作者に帰属します。

【2.】パターンは原則改変することができません。ただし、事前に改変承諾を取っていただいた場合を除きます。

【3.】本契約に基づいて製造及び販売、頒布される商品や包装物、宣伝広告物には、『Pavish』もしくは『Pavish Pattern』のロゴ、または次に定める権利表示をするものとします。

©chilori 場合によっては ©Kana Tashima ©Pavish Pattern

サンプルについて

印刷物や商品見本が出来上がりましたら、Pavish Patternにお渡しください。Web上に公開された場合や電子書籍は、そのURLをお知らせください。

パターン使用期間終了後の取り扱いについて

【1.】本契約が終了又は解除された場合は、「パターン制作および使用に関する確認書」で定められた使用料を支払うこと、または支払ったことを条件として、製造済みの本商品につき使用期間後最大6ヶ月間、販売又は頒布できるものとします(デジタルコンテンツを除く)。

その他

【1.】パターンごとの具体的な契約内容(使用料など)はその都度、双方の合意の元「パターン制作および使用に関する確認書」を交わすことによって決定します。

【2.】本契約約款および「パターン制作および使用に関する確認書」に定めのない事項については、双方がその都度誠実に協議して問題の解決にあたるものとします。

以上

*本契約約款は平成30年7月16日から実施

Pavish Pattern 代表:田島加奈

【参考】
→ 著作権譲渡にNO!(イラストレーター通信ブログ)