本当に効果があった開運法 by Pavish Pattern【前半】

Pavish的開運法

タグ: Pavish的開運法

Pavsih Patternは世界中のラッキーモチーフ&ラッキーカラーをモチーフにし、風水的要素を取りれたパターン柄ブランドです。

パターン柄を作成するにあたって、デザイナーである私は今までいろいろな開運法を調べてきました。

世の中には幸せになる方法があふれていますが、今回は実際に私がいろいろ試してみて、効果があった開運法をまとめたいと思います。

1.明るい色の洋服を着る

ゲッターズ飯田さんは以前雑誌の特集で、洋服の色と性格はリンクするので、派手色のファッションをすることで気持ちも明るくなり、運の流れに乗れるようになるとおっしゃっていました。

私も本当にその通りだと思います。

しかも明るい色の洋服を着ていると、「明るい人」や、「話しかけやすい人」という印象を与えるのか、人とのコミュニケーションもうまくいくことが多いです。

中でもオレンジ、パステルよりのイエロー、ピンクを着ている時に、人から優しくしてもらえることが多いのですが、風水的に見てもこれらの色は人間関係を円滑にする色と言われています。

年を取るにつれて、日々のテンションも低くなりがちですが、明るい気持ちで毎日を過ごすことは、幸せになるために本当に重要なことだと思います。

ただ、毎日彩度の高い色を着続けてテンション高めでいると疲れてしまうので、一人でモクモク作業をする日なんかは、グレーやネイビー、黒などの落ち着いた洋服を着ても良いかと思います。
その時はストールやネックレス、ピアスなどでピンクなどの明るめの色を一緒に取り入れて、うまく自分の気持ちとテンションをコントロールしてみてください。

あと、パステルカラーには、心の疲れを癒しリラックスさせる効果があるので、ぜひ部屋着などに取り入れてみてください。

2.ピンクを身に着ける

上記1.と重複するのですが、以前から、ピンク色の洋服を着ている時は、人に優しくしてもらえることが多いような気がしていました。

描かれているイラストが結構グロいTシャツ(でもベースは優しいパステルピンク)を着ている時でさえも。笑

なぜだろうとずっと疑問に思っていたのですが、どうやらピンクを着ている時は、私自身が優しい人間になれているようなのです。

ピンクは風水的では愛情運がアップする色と言われています。

また、色彩心理学でもリラックス効果があり、女性ホルモンのバランスを整える色と言われています。

こちらが優しい気持ちでいられるので、相手も優しくしてくれるという好循環に入るという仕組みです。

ピンクといってもフューシャピンク(ショッキングピンク)のような派手なものから、落ち着いたピンクべージュまでいろいろな色がありますので、似合わない女性はいないと思います。

iPhoneケースやひざ掛けなど、目につきやすい小物にピンクを取り入れるのもおすすめです。

3.笑顔でいること

人もお金も笑顔の人の元に集まると言うのは誰もが分かっていることです。

風水でも笑えば笑うほど金運が良くなると言われています。

今回書いた他の方法も、最終的には自分が笑顔で楽しく過ごせることにつながっています。

以前、明石家さんまさんのホンマでっか!?TVで、さんまさんがある先生に、「さんまさんは人と話している時にずっと笑顔だから、何を言っても好かれる。」といったようなことを言われていました。

たしかに私が好きな人何人かを思い浮かべても、私と話をしている時に、笑顔で優しい表情をしてくれる人だと気づきました。

私はそれ以来、誰かと話す時は意識して笑顔で、できるだけ優しい表情をするよう心がけています。

なかなか難しい、本当に難しい(正確に言えば、好きな人と話す時は自然と笑顔になるけれど、そうでない人の場合難しい)ですが、心がけは大事です。

・・・ただ、本当に笑うのがつらい時(表情を作る余裕がない時)はマスクをつけて顔をできるだけ隠し、高めの声で話すようにしてテンションの低さをさとられないようにしています。笑

4.映画やドラマを観るならハッピーエンドのもの

女性は他人の感情を自分のものとして感じてしまいがちです。

特に私はその傾向が強く、最後に救いのない映画やドラマを観たり、本を読んだりすると1週間くらい気分が落ち込んでしまいます。

ですので、そのようなものは極力避けるようにしています。

不幸なニュースなどが耳に入ってきても、できるだけ感情移入しないよう、冷静に受け止めることを意識しています。

5.マイナスな気分になる口癖をやめる

お恥ずかしいことに、私は元々かなりのマイナス思考で、「もういやだ。」「もうダメだ。」「あー。(絶望の声)」というのが口癖でした。

そして、いつも頭のなかでは「どうせ私なんて。」とか「最終的にはどうせうまくいかないんだ。」と考えていました。

今考えるとぞっとします。

こんな人と一緒にいたくないですよね。

今は上記のようなマイナスな口ぐせを言わない、できるだけポジティブな言葉を使うよう気を付けています。

あと、相手の発言に対して「っていうか~」という言葉も使わないよう意識しています。

自分が言われたら、自分が否定されているように感じて自信をなくしてしまうので・・・。

→本当に効果があった開運法 by Pavish Pattern【その6】に続く。